ヘルスデーニュース

新型コロナ 「電子タバコ使用者は感染率5倍」

  • 文字
  • 印刷

 電子タバコの使用が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)だと診断されるリスクの上昇と関連していることが、米国の若年者を対象とする研究から明らかになった。米スタンフォード大学のBonnie Halpern-Felsher氏らが5月に行ったオンライン調査の結果で、詳細は「Journal of Adolescent Health」8月11日オンライン版に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り1773文字(全文1959文字)