医療・健康Tips

認知症の人のQOLは? 期待される評価尺度

  • 文字
  • 印刷

 認知症の人のQOL(生活の質)を評価する尺度(DEMQOLとDEMQOL-Proxy)があります。質問は認知症の人でも答えやすい形式で、使用に登録の必要はなく誰でもダウンロードできます。日本語の翻訳版も公開されていて、認知症である本人の心情を知り、今後の介護・支援に役立てることが期待されています。

 DEMQOLとDEMQOL-Proxyは、英国で開発された認知症の評価尺度です。認知症である当事者の体験や意見を取り入れてつくられており、質問に対する回答を点数化して評価します。東京都健康長寿医療センター研究所と筑波大学の研究グループがそれを日本語に翻訳、公開したものです。

 かつて日本で用いられてきた認知症の評価尺度は、行動や機能の面での「できる」「できない」を判定するものが主で、認知症である本人がどれだけ快適に過ごせているか、自分の日常生活をどう感じているか、などを評価するための尺度は整っていませんでした。

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1715文字)