医療・健康Tips

下血・血便は消化管からのSOS

  • 文字
  • 印刷

 肛門から血液が排泄される「下血・血便」。食道~肛門の消化管のどこかで出血しているサインです。どのような病気が原因となるのでしょうか。下血・血便がみられたときの受診の目安や、問診の際に伝えるべきポイントなどをまとめます。

 下血・血便は消化管のどこかが出血していることをあらわします。肛門に近い下行結腸や直腸からの出血は真っ赤な鮮血のことが多く、大腸~小腸では暗赤色の便、小腸・十二指腸~胃では黒色の便が多くみられます。炎症部位があって、そこからの出血だと粘液に血液が混ざった粘血便になります。

便に血がつく、血が混じる、血液しか出ない、ときどき出る、頻繁に出る、継続して出るなど、下血・血便の状況もさまざまです。腹痛や下痢、嘔吐など、ほかの症状を伴う場合もありますので、落ち着いて観察しましょう。

この記事は有料記事です。

残り1393文字(全文1741文字)