実践!感染症講義 -命を救う5分の知識- フォロー

新型コロナ 休校の評価は低いけれど

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
 
 

 2020年2月27日に安倍晋三首相が「小学校から高校までの一斉休校を要請する」と発表し、3月2日から全国のほとんどの学校が休校となりました。首相のこの要請が是か非かという点については医療者でも意見が分かれました。医師の6割以上が「悪影響を危惧する」と回答した調査もあり、全体としては休校に反対する医師が多かったようです。一方、私自身は首相のこの要請を「やむを得ない措置」と考えていました。2月末当時、新型コロナウイルスについては分からないことだらけだったからです。インフルエンザとさほど変わらないとする意見がありましたが、中国では30代の医師、そして20代の医師も他界しました。2月の時点では「子供は感染しないか、しても軽症」と考えられていましたが、なにしろ未知のウイルスです。その時点ではまだはっきりしていませんでしたが「無症状者が感染させる」という指摘もあり、こういった状況に鑑みると「最悪の事態」を想定した上でリーダーシップをとるのが首相の役割だと私は思います。ですが、一定の期間が過ぎたときには、そのときのその行為は正しかったのかどうかが検証されなければなりません。なぜなら検証結果に基づいて今後の対策を検討せねばならないからです。今回は休校措置も含めて今後の子供への対策はどうすべきかについて考えてみたいと思います。

各国の休校の効果は「ごくわずか」とする論文

 まずは二つの論文を紹介しましょう。一つめは医学誌「The Lancet Child & Adolescent Health」に20年4月6日にオンラインで掲載された「COVID-19を含むコロナウイルス流行中の休校と管理:迅速な系統的レビュー」です。この論文によれば、全世界で3月18日までに休校措置がとられたのは107カ国。それらの国すべてで休校の効果がきちんと検討されているわけではありませんが、論文は各国からの報告を総合的に分析しています。

 結論から言えば、この論文は休校の効果を全否定しているわけではありませんが、その効果はごくわずかであるとしています。香港については、「休校が」というよりは「休校を含む社会全体の隔離措置が」感染抑制に役立ったと述べています。また「中国では休校が感染制御に貢献した」という査読前論文はあるものの、このレビューは「査読前論文は、それを証明するデータを提示していない」としています。イギリスの報告では休校措置が総死亡数の2~4%を減少させると予測されたものの、感染者のみを隔離する方が有効だとされています。

 一方、休校の弊害はかなり大きいことを論文は強調しています。親が働きに出られず社会的に生産性が下がって経済的損失が甚大となる▽子供たちが教育の機会を失う▽子供たちに精神的負担がかかる▽学校での食事を大事な栄養源にしている子供が栄養不足になる――などです。なお、この論文は、日本での休校の効果については触れていません。

日本の論文は厳しく「効果がなかった」

 日本での休校については、神戸大学の岩田健太郎教授らが医学誌「International Journal of Infectious Diseases」20年7月31日号に「新型コロナウイルス減少に学校閉鎖は有効だったのか? ベイズ推定を用いた時系列分析」という論文を発表しています。これは、ベイズ推定と呼ばれる統計学の手法を用いて休校の効果を検証した論文です。結論から言えば、著者らは「did not show any mitigating effect」(感染拡大を緩和する効果がまったくなかった)という厳しい表現を用いて休校措置が無効であったと断定しています。

衆院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への対応として全国全ての小学校、中学校、高校、特別支援学校に対し、3月2日から春休みまで臨時休校を要請することを説明する安倍晋三首相(中央)=国会内で2020年2月28日午前9時3分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への対応として全国全ての小学校、中学校、高校、特別支援学校に対し、3月2日から春休みまで臨時休校を要請することを説明する安倍晋三首相(中央)=国会内で2020年2月28日午前9時3分、川田雅浩撮影

 では、秋から冬に再度流行することが予想されている新型コロナウイルスに対し、学校は、あるいは子供のいる家族は、特別な新型コロナ対策は必要ないのでしょうか。

 ここからは私見を述べます。まず「子供だけ」を考えると、たしかに新型コロナはインフルエンザよりも軽度の感染症です。先に紹介したLancetの論文にも、インフルエンザの場合は学級閉鎖の効果が高いが新型コロナは不明であると述べられています。

子供から大人への感染は

 ですが、視点を子供から大人に変えると違ったリスクが表れます。子供から大人への感染です。

 ここで興味深い論文を紹介しましょう。医学誌「The Journal of Pediatrics」20年8月19日号に掲載された「小児の新型コロナの臨床症状、感染性、および免疫反応」です。米マサチューセッツ総合病院を訪れた0歳から22歳までの患者を対象に、新型コロナウイルスの検査をした結果を論じています。この論文を読んで驚かされるのが、無症状か軽症の子供から検出されるウイルス量が、重症化した成人から検出されるウイルス量よりもはるかに多かったという事実です。著者らは「軽症や無症状の小児が感染を広げる原因になるかもしれない」と警告しています。

 世界で報告されている子供の集団感染の報告をみてみましょう。イスラエルは5月17日に学校を再開し、その10日後に、ある学校でクラスター(感染者集団)が発生し、153人の生徒(生徒の13.2%)と25人のスタッフ(スタッフの16.6%)が感染しました

イスラエルでは園児からの感染で死亡か

 また、報道によると、イスラエルでは60代の幼稚園の先生が7月17日に新型コロナで死亡しています。この先生は「担当していたクラスの子供から私に感染した、と公式な情報源から言われた」「家族が隔離されている子は登園禁止、というルールを守っていない家族もある」などとして、ウイルスにさらされた子は家庭にとどめておいてほしい、というメッセージを残していたそうです。

 また、ロイターの報道などによると、米ノースカロライナ大学が対面での授業を再開したところ、教室でのソーシャルディスタンシングなどの措置をとっていたのにもかかわらず、1週間でクラスターが発生し、大学内のクリニックに新型コロナの検査を受けに来た人が陽性だった率は2.8%から13.6%に急増しました。

2歳未満の子にマスクは危険

 乳幼児はどうでしょうか。乳児はマスクを着用すると危険です。呼吸がしづらくなりますし嘔吐(おうと)したときに、周囲の人が気づきにくくなってしまいます。1歳を超えても危険性が残りますから、だいたい2歳になるまではマスクの利点よりもリスクが大きいと考えられています。では、マスクをしない(できない)乳幼児からの感染リスクはどのように考えればいいのでしょうか。

 
 

 8月29日、高知医療センターは、男性医師1人と女性看護師2人が新型コロナウイルスに感染したことを発表しました。3人は診察やケアをした乳児から感染したとみられ、同センターは感染した看護師が所属する救命救急センターの外来受付を休止しました。乳児は25日に感染が確認されています。その前日の夜に3人の医療者がケアをしていたそうです。乳児には(当然)マスクが着けられていませんでしたが、3人の医療者はサージカルマスク、グローブ、ゴーグル、防護服などを着用していたそうです。

「小児対策」が重要になりそう

 最初に紹介したLancetの論文と岩田教授らの論文を中心に考えると、社会全体でみたときには休校措置は不要と言えるかもしれません。

 ですが、個別にみたときには学校でのクラスターが発生しており、イスラエルでは幼児から感染し死亡した先生がいること、日本でもマスクができない乳児から防護をしていた医療者が感染していること、そしてマサチューセッツでの研究が示したように、無症状や軽症の小児の鼻腔(びくう)には成人の重症例よりもはるかに大量のウイルスが存在することなどを考慮すると、「小児対策」が今後の重要な着眼点となるのではないでしょうか。

 子供は感染しても重症化しにくいのはほぼ間違いありません。子供自身にとってはインフルエンザの方がはるかに強敵です。ですが子供も、無自覚のまま新型コロナウイルスの運び屋となりスプレッダー(拡散者)となるかもしれません。休校に伴う弊害は重要ですが、それでも子供から成人への感染のリスクは甘くみない方がいいと思います。

 特記のない写真はゲッティ<医療プレミア・トップページはこちら

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト 無料メルマガ<谷口恭の「その質問にホンネで答えます」>を配信中。