ヘルスデーニュース

健康によい菜食、あまりよくない菜食

  • 文字
  • 印刷

 健康維持のために肉食をやめ、菜食(ベジタリアン食)に切り替える人は少なくない。しかし、食事内容を詳細に検討した結果、菜食なら全てが健康的だとは言い切れず、健康に良い菜食とあまり良くない菜食があり、特に肥満者にとってはその影響の差が大きいことが分かった。ハロコピオ大学(ギリシャ)のMatina Kouvari氏らの研究によるもので、同氏は「菜食にもさまざまな質がある」と結論づけている。詳細は、欧州心臓病学会(ESC)のバーチャルミーティング(ESC Congress 2020、8月29日~9月1日)で発表された。

 Kouvari氏らは、ギリシャで行われている疫学研究「ATTICA研究」の参加者を対象に、植物性食品の量や質の違いと心疾患との関連を検討する追跡研究を行った。ATTICA研究には、アテネ在住の心血管疾患やその他の慢性疾患のない一般成人が登録されている。その中から、肥満でありながら、血圧、血清脂質、血糖値が基準値内にある146人を無作為に抽出。調査前年に食習慣についてアンケートし、ギリシャで一般的に摂取されている156種類の食品と飲料について、摂取している種類と量を調査した。この調査に際しては、食品の写真リストを用いて正確性を確保した。

 約10年の追跡期間中に、参加者のほぼ半数が高血圧、脂質異常症、高血糖を発症した。これらの検査値異常の組み合わせは、心疾患ハイリスク状態として知られている。

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1686文字)