写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 前回に引き続いて、アルツハイマー型認知症の話をします。今回はまず「アルツハイマー型」と他の認知症を、どのように区別するかを説明します。なお「認知症ならどれでも同じ」ではありません。認知症の中でもどの病気かによって、対処法や今後の見通しなどが異なるからです。後で少し触れますが、効きそうな薬の種類も違います。以前にも書きましたが、どの病気かをきちんと見分けることは、患者や家族にとって大切なのです。

 さて、多くみられる認知症には、アルツハイマー型のほかに「血管性認知症」「レビー小体型認知症」「前頭側頭型認知症」があります。これらは、アルツハイマー型と合わせて「4大認知症」と呼ばれます。いずれも認知症なので似ている部分もあるのですが、これまでの連載で述べてきた通り、それぞれ特徴的な症状がある違う病気です。

この記事は有料記事です。

残り3790文字(全文4144文字)

小田陽彦

ひょうごこころの医療センター認知症疾患医療センター長

おだ・はるひこ 1977年、兵庫県西宮市出身。兵庫県立ひょうごこころの医療センター精神科医師。神戸大学医学部卒。医学博士。神戸大学医学部精神科助教、兵庫県立姫路循環器病センター等を経て2017年4月より現職。日本精神神経学会専門医・指導医。日本老年精神医学会専門医・指導医・評議員。著書に「科学的認知症診療」(シーニュ社、2018)