ヘルスデーニュース

「朝食抜き」と「遅い夕食」が慢性腎臓病を招く?

  • 文字
  • 印刷

 朝食を食べないことと夜遅い時間に夕食を食べることが、たんぱくの出現に関連していることが報告された。金沢市医師会との協力により、金沢大学附属病院栄養管理部の徳丸季聡氏、同大学大学院腎臓内科学の遠山直志氏、和田隆志氏らが、一般住民の健康診断データを用いて実施した追跡研究の結果で「Nutrients」に8月19日掲載された。

 慢性腎臓病(CKD)は、たんぱく尿や推算糸球体濾過量(eGFR)の低下で定義される。心血管疾患や末期腎不全のリスクであり、その発症抑制は公衆衛生上の重要な課題である。過剰なエネルギー摂取や栄養バランスの偏りは各種生活習慣病を介してCKD発症につながるが、今回の研究では、朝食の欠食などの好ましくない食習慣に着目して、たんぱく尿出現との関連を後方視的に検討した。

 解析対象は、1998~2014年に健診を受けた40歳以上の金沢市の住民のうち、ベースライン時のeGFRが60mL/分/1.73平方m以上で1年以上追跡可能であり、たんぱく尿陽性の人や食習慣などのデータがない人を除外した2万6764人。平均年齢は68±9歳、男性が44%。BMI<体格指数=身長(m)÷体重(kg)÷体重(kg)>22.8±3.1、eGFR77±12mL/分/1.73平方m。

この記事は有料記事です。

残り1452文字(全文1991文字)