実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 自己検査PCR「安易に受けないで」

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 過去の連載で「個人でお金を払って受ける新型コロナウイルスの抗体検査は無駄」という話をしました(参照:「新型コロナ 有料の抗体検査は『無駄』」)。そもそも、抗体検査は現在感染しているかどうかが分かるものではありませんし、自己検査キットには精度にも問題があります。では、PCR検査はどうでしょうか。最近、ウェブで申し込む「自己検査のPCR」を受け付けている検査会社や、「来院不要」とうたってPCRを引き受けるクリニックが増えてきています。検査を受けたい人には、検体を入れる容器が送られます。その人は自分で検体をとり、容器に入れて送り返し検査してもらうのです。そこで太融寺町谷口医院(以下「谷口医院」)の患者さんからは「自己採取のPCRについてどう思いますか?」と尋ねられる機会が増えてきました。結論を一言で言えば「安易には受けるべきでない」となります。順に解説していきましょう。

 まず基本的なことをおさらいしておきましょう。PCRとは病原体(ウイルス)の遺伝子の一部を検出する検査法です。「感染すると陽性、治ると陰性」というのは大まかには正しいのですが100%そうと言えるわけではありません。ここでキーワードとなるのが「偽陽性」と「偽陰性」という言葉です。どちらも聞きなれない難しい言葉ですので覚え方のコツをお伝えします。「偽」は「ウソ」という意味ですから、「偽陽性」とは「ウソの陽性。本当は陰性」と覚えます。同様に「偽陰性」は「ウソの陰性。本当は陽性」です。

 PCRには偽陽性も偽陰性もあります。ただし、感染初期の偽陽性はきちんと検査が実施されていればそう多くはありません。検査の過程で他人の検体が混ざってしまったという人為的な事故が起これば別ですが、そうそう起こり得るものではありません。一方、治癒後は別です。「新型コロナが治ったはずなのに、その後2カ月以上にわたりPCRが陽性のまま」という事例が報告されることがあります。新型コロナについてまだよく分かっ…

この記事は有料記事です。

残り3156文字(全文3985文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト