多民族時代の健康パスポート

新型コロナ 来年の東京五輪は開けるか

濱田篤郎・東京医科大学教授
  • 文字
  • 印刷
お台場海浜公園から一時的に撤去される五輪マークのモニュメント=東京湾のお台場沖で2020年8月6日午前9時49分、本社ヘリから
お台場海浜公園から一時的に撤去される五輪マークのモニュメント=東京湾のお台場沖で2020年8月6日午前9時49分、本社ヘリから

 新型コロナウイルスの流行が続く中、来年の東京オリンピック・パラリンピック開催に関する議論が高まっています。9月9日に行われた国際オリンピック委員会の理事会では、バッハ会長が「東京五輪は安全な環境下でのみ開催する」というメッセージを発しました。筆者は4月の本コラム(新型コロナ 「五輪延期」に残る医学的課題)で、安全な環境で五輪を開催するには、新型コロナのワクチンが開発され、それによって流行が終息していることが必要条件だと述べました。あれから5カ月がたちますが、ワクチンの開発はどこまで進んでいるのでしょうか。最近は、流行期間中でも大会を強行するための「バブル」という方法も注目されています。今回のコラムでは、ワクチン開発の現状を紹介するとともに、来年の五輪開催の可能性をあらためて検討してみます。

 新型コロナのワクチン開発は流行が発生した直後から始まりました。すでに最終試験(第3相試験)の段階に達したワクチンも数種類あります。その一つが英国の製薬会社アストラゼネカのワクチンで、9月上旬、接種を受けた人に重大な副反応が生じた可能性があるため、試験が一時中断されました。通常の最終試験では数千~数万人を対象にワクチンを接種し、その効果や安全性を判断します。

 新型コロナウイルスは新しく発見された病原体であるため、以前から用いられている製法(生ワクチンや不活化ワクチン等)では開発までにかなりの時間がかかります。そこで、現在、最終段階にあるワクチンの多くは、ウイルスの遺伝子などを用いた新しい製法のワクチンです。こうした新しい製法によるワクチンは、その効果や安全性が明らかでない点も多く、メーカーは細心の注意を払いながら最終試験を進めています。

この記事は有料記事です。

残り2108文字(全文2831文字)

濱田篤郎

東京医科大学教授

はまだ・あつお 1981年、東京慈恵会医科大学卒業。84~86年に米国Case Western Reserve大学に留学し、熱帯感染症学と渡航医学を修得する。帰国後、東京慈恵会医科大学・熱帯医学教室講師を経て、2005年9月~10年3月は労働者健康福祉機構・海外勤務健康管理センター所長代理を務めた。10年7月から東京医科大学教授、東京医科大学病院渡航者医療センター部長に就任。海外勤務者や海外旅行者の診療にあたりながら、国や東京都などの感染症対策事業に携わる。11年8月~16年7月には日本渡航医学会理事長を務めた。著書に「旅と病の三千年史」(文春新書)、「世界一病気に狙われている日本人」(講談社+α新書)、「歴史を変えた旅と病」(講談社+α文庫)、「新疫病流行記」(バジリコ)、「海外健康生活Q&A」(経団連出版)など。19年3月まで「旅と病の歴史地図」を執筆した。