医療・健康Tips

慢性腰痛の原因となる「反り腰」を治そう

  • 文字
  • 印刷

腰に負担がかかりやすく、慢性腰痛の原因となる「反り腰」。ぽっこりおなかや内臓下垂と関連が深い姿勢ともいわれます。反り腰とはどんな状態で、どのような改善法があるのでしょうか。

気づかずに腰椎が反った状態に

反り腰とはどのような状態を指すのか、自分はどうなのかが気になるところです。まず、素足で壁を背にして立ってみましょう。頭、背中、お尻、かかとを壁につけて、壁と腰のすき間に手を差し込んでみてください。手がすぽっと入る、さらに余裕がある、といった場合は反り腰と考えられます。仰向けに寝ると腰が痛くなる場合も、反り腰の可能性があります。

反り腰は一見、それほど悪い姿勢には見えません。胸を張ったいわばハト胸で出っ尻の姿勢、ただし下腹が前にぽっこり出た状態で、メタボリックシンドロームの人に多くみられる姿勢ともいわれます。反り腰では骨盤が前に傾いて、腰椎が気づかずに反った状態になっているため、腰痛の原因になりやすいといわれています。

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1406文字)