実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 「ファクターX」の正体は

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 新型コロナウイルスのいわゆる「第2波」が鳴りを潜め、「やはり新型コロナって本当はたいしたことないのでは?」「他国では脅威でも日本人は恐れる必要がない」「日本人はすでに集団免疫を獲得している」といった楽観論がますます注目されるようになってきました。日々街を行き交う人たちを観察していても、マスクをしていない人の比率が次第に増えています。一方、海外ではそういうわけではなく、例えばインドでは感染者の増加が止まりませんし、フランスやドイツでは、公共交通機関内や店内などでマスクが義務化され、違反者には罰金も科せられるようです。世界の感染者数は3000万人を超え、死者は100万人に迫る勢いです。「海外の多くの国では依然厳重注意、日本では感染が下火になりマスクをしない人が増えている」となると、「日本人は特殊なのでは?」と思いたくなる気持ちも理解できます。

 新型コロナの勢いが止まらなくなってきた3月ごろから、日本人に感染者が少ないのはなぜかという議論があり、その後、「ファクターX」という言葉が注目を浴びるようになりました。これは「新型コロナ対策が欧米より緩やかな日本で、感染者や死亡者が少ない何らかの理由」を意味する言葉で、生みの親はノーベル賞を受賞された山中伸弥・京都大教授です(ちなみに、私は大阪市立大学医学部在学中に山中先生から薬理学を授業で教わっていました)。

 では、ファクターXの正体は何なのか。3月の時点で最も有力視されていたのがBCGです。現在も一部の医師の間には「BCGがファクターXであり、そのおかげで日本人はコロナに強い」という意見があります。しかし、私自身はこの考え方に賛成しません。今回は、その理由についてまず述べ、次いで「ではファクターXは存在するのか」について私見を紹介したいと思います。

この記事は有料記事です。

残り2638文字(全文3395文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト