ヘルスデーニュース

子どもは大人より甘味に鈍感

  • 文字
  • 印刷

 子どもたちが甘い菓子やジュースを口にした時、「甘すぎる」と言うことはめったにない。その理由の一つは子どもが大人よりも甘い物が好きだからと考えられるが、それだけではなく、別の理由もあることが新たな研究で明らかになった。子どもは大人に比べて甘味を感知する力が低いのだという。米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のM. Yanina Pepino氏らの研究によるもので、詳細は「Nutrients」に6月29日掲載された。

 Pepino氏らは、10歳未満の小児、10歳代の若年者、および成人を対象に、異なる濃度のスクロース(砂糖)水溶液を用いて、甘味に対する感受性、および甘味の強さの好みを調べた。対象とした人数は、小児が108人(平均年齢8.6±0.8歳)、若年者172人(13.2±2.3歳)、成人205人(35.9±9.4歳)だった。

 まず、甘味に対する感受性を調べる実験をした。角砂糖一つ(4g)を、何杯かのコップの水(1杯で約230mL)で薄めて砂糖水を作り、コップ何杯の水で薄めた砂糖水まで、被験者が甘味を感じ取れるかを確認した。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1314文字)