ヘルスデーニュース

脂肪で脚が太い人は高血圧になりにくい?

  • 文字
  • 印刷

 脂肪が多くて太い脚の人は、高血圧になりにくい可能性があるとする研究結果が、米Rutgers New Jersey Medical SchoolのAayush Visaria氏らにより報告された。詳細は、米国心臓協会(AHA)のHypertension 2020 Scientific Sessions(バーチャル開催、9月10〜13日)で発表され、「Hypertension」9月号(Issue Suppl_1)にその抄録が掲載された。

 この研究で対象とされたのは、米国国民健康栄養調査(NHANES)に2011〜16年に登録された、20〜59歳の成人5997人(平均年齢37.4歳、49%が女性)。対象者に妊婦は含まれておらず、降圧薬使用者や心血管疾患の既往者もいなかった。両下肢の総脂肪量を二重エネルギーX線吸収測定法(DXA法)で測定して体全体の脂肪量と比較し、その割合が男性では34%以上、女性では39%以上の場合を脂肪量が多い(脚が太い)と定義した。血圧については、130/80mmHgを高血圧とし、収縮期血圧のみが高い孤立性収縮期高血圧(ISH)、拡張期血圧のみが高い孤立性拡張期高血圧(IDH)、収縮期・拡張期の両方が高い収縮期・拡張期高血圧(SDH)の3種類に分類した。

 多項ロジスティック回帰分析の結果、太い脚の人は細い脚の人と比べて、IDHになる可能性が53%、ISHになる可能性が39%、SDHになる可能性が61%、それぞれ低いことが明らかになった。年齢、性別、人種/民族、教育歴、喫煙、飲酒、コレステロール値、腰周りの脂肪レベルなどの因子を調整した後でも、脚が太い人の高血圧発症リスクは低いままであった(それぞれ、31%、24%、34%の低下)。

 こうした結果を受けてVisaria氏は、「問題となるのは、脂肪の分布の仕方なのかもしれない。どんな場合であれ、脂肪は良くないと考えられているが、脚の脂肪は、われわれが思っているほど悪いものではないのかもしれない」と述べている。過去の研究では、腹部についた過剰な脂肪が、心疾患や糖尿病のリスクを高める可能性が示唆されている。同氏は、「腹部脂肪が重要なのは、腹部に存在する、肝臓、膵臓、腸などの臓器全て…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1859文字)