医療プレミア特集

「世界中の患者のために」 がん光免疫療法会見

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
承認を受けたがん光免疫療法の薬を持つ三木谷浩史・楽天メディカル会長(右)と、この治療法を開発した小林久隆・米国立衛生研究所主任研究員=楽天メディカル提供
承認を受けたがん光免疫療法の薬を持つ三木谷浩史・楽天メディカル会長(右)と、この治療法を開発した小林久隆・米国立衛生研究所主任研究員=楽天メディカル提供

 日本国内で製造販売の承認を受けた「がん光免疫療法」を開発した米ベンチャー「楽天メディカル」の三木谷浩史会長や、この治療法を開発した小林久隆・米国立衛生研究所(NIH)主任研究員らが29日、東京都内で記者会見を開き、国内での治療開始に向けた準備状況などについて説明した。三木谷会長は「私の父が膵臓(すいぞう)がんを患い、新しい治療法を探している中で革新的な研究に出合った。父の治療には間に合わなかったが、がんに苦しむ人たちのために承認を得られたのは大きな節目だ」と話した。【オピニオングループ・永山悦子】

狙いを定めて光でがんを攻撃

 光免疫療法は、がん細胞に特異的に結びつく薬剤とレーザー光を使う治療法。薬剤を患者に投与し、その後、がんにレーザー装置で暗赤色光を当てると、薬剤が起こす化学反応によってがん細胞だけが壊される。薬剤は正常な細胞に結びつきにくく、また光が当たらない場所では反応が起きないため、ピンポイントでがんを攻撃でき、副作用が少ないと期待されている。

 今月25日に承認されたのは、手術ができない進行頭頸(とうけい)部がんか、再発頭頸部がんの患者が対象となる薬とレーザー装置。薬剤は「希望を照らす明かり」の意味の「アキャ(明かり)」と、光の照度の単位である「ルクス」から「アキャルックス」と名付けられた。

 三木谷さんは「25年前、誰もインターネットショッピングなど…

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1695文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。