実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

インフルワクチン 10月接種で春まで効くのか

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
インフルエンザワクチンの予防接種=福岡市の病院で2016年1月7日、和田大典撮影
インフルエンザワクチンの予防接種=福岡市の病院で2016年1月7日、和田大典撮影

知っているようで、ほとんど知らない風邪の秘密【21】

 新型コロナウイルスの流行が続く中、似たような症状を呈するインフルエンザがはやりだすと大変なことになります。「インフルエンザ? それとも新型コロナ?」と悩まなければならない状況は可能な限り避けたいものです。そのためにすべきことの一つが「インフルエンザのワクチン」です。今年は例年よりもさらに「接種がお勧め」なのですが、一方で、勧める上での課題もあります。今年のインフルエンザワクチンについて、現状と課題をみていきましょう。

「弱者を守るため」のワクチン接種

 過去のコラム(例えば「インフルエンザワクチンは必要? 不要?」)でも述べたように、インフルエンザのワクチンは接種しても必ずしも感染を防げるわけではありません。年によっては、感染予防の効果がわずかしかないこともあります。ですが、重症化を予防し他人に感染させるリスクが低下しますから、よほどのことがない限りは接種すべきです。米国疾病対策センター(CDC)はウェブサイトに「生後6カ月以上の人全員に、年に1度のインフルエンザワクチン接種を推奨する」と記しています。ちなみに私の考えは、「自分の身を守るため以上に、他人に感染させるリスクを下げるために接種すべきだ」というものです(参考:「インフルのワクチンは『弱者を守るため』に打つ」)。

 日本の厚生労働省の見解をみてみましょう。厚労省のサイト「インフルエンザQ&A」のQ9「インフルエンザにかからないためにはどうすればよいですか?」には「インフルエンザを予防する有効な方法」として、最初にワクチンが挙げられています。ただ、対象者が書かれておらず「全員」などの表現はありません。また、米国ではrecommend(推奨する)という表現が用いられているのに対し、日本では積極的にワクチンを勧める言葉が見当た…

この記事は有料記事です。

残り3101文字(全文3877文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト