医療・健康Tips

産後のトラブルは1人で悩まず相談を!

  • 文字
  • 印刷

 出産は女性の体に多くのダメージを与え、心に負担がかかることも。積極的に「産後ケア」を受けましょう。

自分は後回しになりがちな産後女性

 産後の女性は育児が優先になり自分のことは後回しにしがちですが、ホルモンバランスの乱れからくる心のゆらぎ、出産による骨盤周りのダメージからくる諸症状など、心身のさまざまなトラブルを抱える人も少なくありません。加えて、仕事と育児との両立や家族関係の変化など、ストレスの要因も目白押し。ささいな悩みと1人で抱え込まず、相談してみましょう。

 産後の女性に起こりやすい体のトラブルとしては、出産による外陰部の傷、子宮収縮の痛み、骨盤底筋が伸びたことによる筋肉やじん帯損傷、それにともなう尿もれ、腰痛、便通異常、臓器脱とさまざまです。帝王切開の場合などは傷口がふさがるまでの痛み、感染リスクなどがともないます。

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1655文字)