ジソウのお仕事

それでも、手出しできない

青山さくら・児童福祉司
  • 文字
  • 印刷
 
 

 児童相談所に情報が入っても、「当事者が助けを求めていない」という理由で阻まれてしまうことがあります。児童相談所職員の青山さくらさんが現場の日常をつづる連載。本当に「生徒は助けを求めていない」といえるのでしょうか。学校という壁の前で職員らは途方に暮れています。

******************

 児童相談所(児相)での援助方針会議はずっと続いているが、結論が出ない。あきらめと無力感が広がっている。

この記事は有料記事です。

残り2504文字(全文2704文字)

青山さくら

児童福祉司

「青山さくら」はペンネーム。複数の児童相談所で児童福祉司として勤務。「ジソウのお仕事」は隔月刊誌「くらしと教育をつなぐWe」(フェミックス)で2009年4月から連載。過去の連載の一部に、川松亮・明星大学常勤教授の解説を加えた「ジソウのお仕事―50の物語(ショートストーリー)で考える子ども虐待と児童相談所」(フェミックス)が20年1月刊行された。絵・中畝治子