ヘルスデーニュース

遠隔診療の質 米国の論文が警告

  • 文字
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)終息のめどが立たない中、世界各国で医療提供の新たな手段として急速に広がったのが、テレメディシン(遠隔医療)だ。ただ、電話やビデオ通話による診察だけでは、健康障害の兆候を見逃してしまう可能性も否定できないことを示唆する報告が、「JAMA Network Open」10月2日オンライン版に発表された。

 米ジョンズ・ホプキンス大学のCaleb Alexander氏らは、米国の医療関連調査データ(IQVIA National Disease and Therapeutic Index)を用いて、COVID-19パンデミックによる診療形態の変化を解析。2020年4~6月のプライマリケア受診件数の約35%を遠隔医療が占めており、前年までと比べて大幅に増加したことが分かった。一方、医療機関の外来受診件数(対面診療)は、前年から半減していたという。

 このような診療形態の変化に伴い、「心臓の状態が悪化した人もいる可能性がある」とAlexander氏は指摘する。その理由は、遠隔医療の増加に伴い、血圧測定が施行される回数は約50%減少し、血清脂質値の検査も約37%減少していたことが、今回の研究で明らかになったためだ。

この記事は有料記事です。

残り1352文字(全文1881文字)