ヘルスデーニュース

人体のリズムは四季でなく「二季」?

  • 文字
  • 印刷
米カリフォルニア州の秋の風景
米カリフォルニア州の秋の風景

 1年には四季があるが、ヒトの体には4つではなく2つの「季節」が存在する可能性が、米スタンフォード大学遺伝学分野教授のMichael Snyder氏らによる研究で明らかにされた。研究結果の詳細は、「Nature Communications」10月1日オンライン版に掲載された。

 Snyder氏は「1年には春、夏、秋、冬があり、それぞれがほぼ同じ長さとされている。しかし、ヒトの生物学的な仕組みが、そうした自然のルールに忠実に従っているとは思われなかった。そこで、われわれは、体内の分子組成を基に、ヒトの体に季節がいくつあるのかを調べることにした」と研究背景について話している。

 この研究で対象とされたのは、米カリフォルニア州に住む25・75歳までの105人(女性55人)。参加者は1年に4回程度、4年にわたって血液サンプルを提供した。Snyder氏らは、その血液サンプルを基に、免疫、炎症、心血管の健康、代謝、マイクロバイオーム(微生物叢)などに関わる分子情報を分析した。

 その結果、1年単位で見ると、ヒトの体内では1000以上の分子が増減しており、それらの分子の変動パターンから、主に2つのグループに大別できることが明らかになった。そして、各グループの分子の増減のピークは、米カリフォルニア州では、晩春と、晩秋から初冬にかけての季節に相当することも判明した。

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1588文字)