医療・健康Tips

スポーツをする人に知って欲しいジョーンズ骨折

  • 文字
  • 印刷

 スポーツをする人に多くみられる「ジョーンズ骨折」を知っていますか。「第5中足骨疲労骨折」ともいい、サッカーやラグビーの選手に多いことで知られています。他の部位の疲労骨折とは違って治りにくいので、素早い動きの多いスポーツをする人は覚えておきたいスポーツ障害です。

足の小指側に負荷 自覚症状無いことも

 ジョーンズ骨折は疲労骨折の一種で、第5中足骨(足の小指の甲の部分の骨)に負荷がかかり疲労が蓄積されることで起こる骨折です。ランニング、ジャンプ、急な方向転換、ステップや踏ん張りなどの動作によって、足の小指側のアーチの部分に繰り返し負荷がかかり、オーバーユース状態になることで発症します。

 違和感や痛みを感じて気づくことが多いですが、自覚症状が出ないこともあり、骨折とは思わず、発見が遅れることもあります。大きな一度の衝撃で骨折するのと違い、通常では骨が折れることのないような小さな衝撃や負荷の蓄積で骨が折れてしまいます。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1372文字)