コロナ禍の「新しい生活様式」を強調した学校生活の中では、身体接触が激減し、子どもたちの「触れる」という感覚が変化してきているように思う。簡単に言ってしまえば、先生や友だちと「くっつけない」ことで、人との関係との中で触れあうことがなくなり、アタッチメント(親密な関係を築くことで保護され愛されているという感情を生み出すこと )が失われ、手応えがない空虚なものになりつつあるのではないだろうか。

この記事は有料記事です。

残り2579文字(全文2775文字)

岡崎勝

小学校非常勤講師、雑誌『お・は』編集人

おかざき・まさる 1952年、愛知県生まれ。愛知教育大学保健体育科卒業。小学校教員(40年以上)を経て、現在は非常勤講師。学校・子育てマガジン「おそい・はやい・ひくい・たかい」(ジャパンマシニスト社)編集人。「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」(同上)編集協力人。2020年8月から動画投稿サイト「ユーチューブ」で15分授業「おかざき学級」https://japama.jp/okazaki_class/ 公開中。近著に「子どもってワケわからん!」「学校目線。」など。