実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ ブラジルでの“集団免疫”とその代償

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
ブラジル・マナウス市の風景。手前はアマゾン川の支流、ネグロ川。マナウス市には日本の総領事館や日本人学校があり、進出している日本企業は多い=ゲッティ
ブラジル・マナウス市の風景。手前はアマゾン川の支流、ネグロ川。マナウス市には日本の総領事館や日本人学校があり、進出している日本企業は多い=ゲッティ

 「集団免疫」という言葉を見聞きする機会が増えてきています。集団免疫とは簡単に言えば、その地域の住民の大勢がその感染症に対する免疫を持つことで、これにより、たとえ感染者がでても、地域全体に感染が広がることは阻止できます。例えば、ポリオウイルスは世界のほとんどの国で集団免疫が成立しているためにもはや流行する可能性はほとんどありません。このように集団免疫というのは、一般的にはワクチンが普及したときに成立する概念なのですが、新型コロナに関しては「感染して治癒した者が増えれば集団免疫が成立するのではないか」という意見があり、これについて現在世界中で、そして医療者の間でも激しい議論が交わされています。

「集中的保護」を提言する「グレートバリントン宣言」

 2020年10月4日、いわゆるロックダウンなどの行動制限を中止して、それらがもたらす社会的損害を最小化しようとする「グレートバリントン宣言」が発表されました。米国マサチューセッツ州グレートバリントンにあるシンクタンク「American Institute for Economic Research」が中心となり、世界中の科学者及び臨床医、そして一般市民の署名を集めています。ウェブサイトは世界各国の言語に翻訳され、日本語のページもあります。だれでも簡単に署名することができ、科学者や医師の署名と、一般市民の署名は別枠で集計されています。

 同サイトの日本語のページには宣言の趣旨として次のような説明があります。

 <私たちは感染症疫学者および公衆衛生科学者として、現行の新型コロナウイルス政策により人々の身体的および精神的健康が害されることを深刻に懸念している。ここに、「集中的保護」という手法を提言する>

 「集中的保護」とは、ロックダウンなどで一律に人々の行動を制限するのではなく、高齢者や身体障害者など新型コロナに感染すると重症化しやすい人に絞って隔離政策をとり、若者には従来通りの生活を再開してもらうことを指しています。

 宣言が掲載されているサイトによれば、10月27日現在、科学者約1万1000人と医師約3万2000人、そして一般市民約58万人が署名しています。

社会の制御が重要だとする「ジョンスノー覚書」

 一方で10月15日、グレートバリントン宣言に反対する内容の声明が医学誌「Lancet」に掲載されました。著者は「(ロックダウンなどの)社会のコントロールが、安全で効果的なワクチンと治療法が今後数カ月以内に完成するまでは、私たちの…

この記事は有料記事です。

残り2620文字(全文3666文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト