医療プレミア特集

コロナ禍「恐れ過ぎず慎重に」 天野篤さんに聞く

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
インタビューに答える天野篤・順天堂大医学部教授=東京都文京区の順天堂医院で2020年10月22日、手塚耕一郎撮影
インタビューに答える天野篤・順天堂大医学部教授=東京都文京区の順天堂医院で2020年10月22日、手塚耕一郎撮影

 国内感染者が10万人を超え、感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症は、心臓病のある人では重症化リスクが高くなるという。ウイルス感染によって、臓器に酸素を送り込むのに心臓がいつも以上に働く必要があるからだ。これだけ聞くと何だか怖くなるが、順天堂大医学部教授で、上皇陛下の心臓手術を執刀した天野篤さん(65)は「過度に恐れる必要はない」と説く。9000件近くもの症例数を誇る心臓手術のエキスパートが語る、コロナ下でも心臓病を悪化させないための秘訣(ひけつ)とは?【くらし医療部・酒井雅浩】

 ――新型コロナウイルス感染症に対して、患者はどのような不安を持っていますか?

 一番多いのは、重症化です。心臓手術を受けた患者や経過観察中の患者にとって、「自分がもし感染したら助かるのか」と不安が大きくなるのは当然です。

 特に高齢者の患者で、高血圧や糖尿病、動脈硬化といった疾患を抱えている人は重症化しやすく、命を落とす可能性があります。コロナは伝染しやすいので、人との距離をとるなど自分を守る手立てをしっかり取り、感染しないようにしなければなりません。

 ――患者の中には「心臓疾患があるので感染したら大変だ」と、家に閉じこもってしまう人もいるのではないですか?

 過度に恐れている人はいます。若者は症状が出にくく、新型コロナウイルスを保有したまま症状の出ない人はたくさんいます。そういう人は他人に感染させやすい。高齢者や生活習慣病患者では、若い人たちの集まる場所は、今の時代は避けた方がいいでしょう。

 ただ、これだけ世界中で広がっていると、普通に日常生活を送っていれば、どれだけ気をつけても感染する可能性があります。ずっと何かに縛られるというのは、おかしな状態です。「社会的な距離を取る」「手洗いとうがい」「マスク」の標準予防策を心掛けて恐れすぎず、しかし慎重な生活を送るのがいいのではないかとアドバイスをしています。

 ――心臓病患者…

この記事は有料記事です。

残り1955文字(全文2765文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。