医療・健康Tips

大人のニキビを予防するには?

  • 文字
  • 印刷

 大人のニキビはストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどが皮膚のターンオーバーを乱れさせることが原因となります。

 ニキビといえば思春期特有の皮膚トラブルですが、大人になってからもニキビはできます。思春期とは違う大人のニキビのメカニズムを知って、適切なケアで予防しましょう。

疲れやストレスも要因に

 ニキビができるのは、皮脂の分泌、排出のサイクルが上手くいかず、古い角質や外部からの汚れが毛穴に溜まり、皮膚の常在菌であるアクネ菌が増えて炎症を起こすものです。

 思春期のニキビは、成長期にみられるホルモン分泌の変化のために皮脂の分泌が増えることが大きな要因となります。一方、大人のニキビは過労やストレス、腸内環境の悪化、ホルモンバランスの乱れなどが皮膚細胞の生まれ変わるサイクルに影響してできます。

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1395文字)