ヘルスデーニュース

脳卒中後のリハビリを自宅で行って好結果

  • 文字
  • 印刷

 脳卒中後に麻痺がみられる患者に、遠隔医療を用いて自宅でリハビリテーション(以下、リハビリ)を行ってもらったところ、理学療法士による対面でのリハビリを行った患者よりも回復が良好だったとするデータが報告された。復旦大学(中国)のChuancheng Ren氏らが実施した研究の結果であり、詳細は「Neurology」10月27日号に発表された。

この記事は有料記事です。

残り1346文字(全文1518文字)