医療プレミア特集

「春先のPCR検査不十分だった」 前医務技監に聞く

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 政府の新型コロナウイルス感染症対策を最前線で指揮し、8月7日付で厚生労働省を退官した鈴木康裕・前医務技監が、毎日新聞のインタビューに応じた。医務技監は医療政策や感染症対策を指揮する事務次官級のポストで、いわば現場の最高責任者だ。政府の一連のコロナ対応を振り返る中で、春先に関心を集めたPCR検査の態勢について、「医師が必要と判断した人も検査できなかった場合もあった。頭を下げるしかない。申し訳ない」と述べるなど、当時の状況などを明らかにした。【聞き手 くらし医療部・阿部亮介】

PCR検査「完全ではない」

――春先の流行期には、PCR検査が受けられないことが国民の大きな関心事となりました。当時の安倍晋三首相は2月に、「医師が必要と判断すれば全ての患者が検査を受けられるようにする」と宣言していたこともあり、厚労省に批判が集まりました。

 ◆「医師が必要と判断した患者は全て検査できるようにする」というのは正論だが、そうした場合にも検査ができなかった。それについては我々は頭を下げるしかない。申し訳ないというしかない。

 発症から診断までが、東京都では4月で8日程度、7、8月になると5日程度になった。(症状の)様子を見たりして、検体を取って結果が出るまでが1~2日かかるとすれば、4月の段階では検査まで3~4日待たせていたことになる。その間に症状が進んでしまった人もいるし、(検査ができなかったことにより、患者を)見逃した例もあると思う。それは大いに反省すべきだと私は思う。

 ただ、前提としてPCR検査がどういうものか考える必要はある。陽性と結果が出たからといって、本当に感染していることを意味するわけではない。ウイルスの死骸が残って、それに反応する場合もある。ウイルスを吸い込んでも陽性にならなかった人もいる。感染していないが陽性になった人も結構いるとみられ、本当に感染していても7割か8割しか検出できない。PCR検査は完全ではないということは言っておきたい。

――新型インフルエンザが流行した2009年の検証でもPCR検査の増強の必要性は指摘されていましたが、なぜ増えなかったのでしょうか。

 ◆保健所が大きな役割を果たすのだが、東京都は人員を4倍に増やして一生懸命対応していた。しかし、熱があるという連絡を受け、検査できるよう調整し、陽性者をどこに入院させるか決め、そこに搬送し、その人のチェックをした上で、積極的疫学調査(注・感染経路などをたどって感染症の特徴を調べる調査)をしなければいけない。それを全部やろうというのは勤勉な日本人でも無理がある。少なくとも積極的疫学調査以外は、民間団体へ委託などが可能だったはずで、(そうした問題を)真摯(しんし)に考えないといけなかった。

 やはり、保健所のキャパシティー(能力)の問題が大きかった。

――テレビ番組では、一部のコメンテーターからは「全国民にPCR検査を実施すべきだ」というような意見も出ていた。政策責任者としてそのような意見はどう映っていたのでしょうか。

 ◆「医師が必要と判断したのに検査できないじゃないか」という意見に対しては反論の余地はない。ただし、全国民に検査をすべきだという意見なら、少なくとも2日か3日に1回は検査をしないと安心した状態にならない。全国民に検査する手間とお金があるなら、もっと違う有効な使い方があるのではないか。

 「兆」を超える予算がかかるので、それよりも、危ない人をちゃんと検査し、予防対策をしっかりやるというバランスの取れた政策が必要だ。

――官邸と厚労省との関係性についても伺います。官邸では当時、安倍首相ら官邸幹部と内閣官房、厚労省などの各省庁幹部も交えた連絡会議が毎日のように開かれていた。鈴木前医務技監もそこに出席していたと思うが、PCR検査については議題に上っていたと思う。どのような心境で出席されていたのか。

 ◆(PCR検査態勢が)うまくいっていなかったのは(安倍首相ではなく)担当者の責任だ。批判されるのはやむを得ない。官邸の連絡会で3時間会議ができるならともかく、お忙しい安倍首相が出席する会議の時間だから15分か、長くても20分だ。それでいろんなことをこなさねばならない。あの場は延々と議論して決めるというよりは、報告して判断の材料にしていただくのが主で、細かい資料を(説明して)展開するというのはなかった。(PCR…

この記事は有料記事です。

残り3982文字(全文5790文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。