医療・健康Tips

新たな鼓膜再生法に保険適用

  • 文字
  • 印刷

 「鼓膜再生療法」とは、破損した鼓膜の再生を手術せずに行う治療法です。病気やけがで鼓膜が破れた場合に鼓膜を再生する新しい治療法に、公的医療保険が適用されました。

 外傷や中耳炎などで鼓膜に穴があいてしまったり、破れてしまったりした場合には、これまでは「鼓膜形成術」といわれる手術による治療が行われていました。鼓膜形成術は耳の後ろ側から鼓膜の材料とする筋膜などの組織を採取して移植する治療法です。

 通常は耳の後方を切開して行う手術となるため、1〜2週間ほどの入院が必要となり、患者の負担が大きいうえに、聴力の回復も十分ではないケースが出るなど、ある程度のリスクを伴う治療法でした。

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1163文字)