医療・健康Tips

治療薬でも使われる ヒアルロン酸とは?

  • 文字
  • 印刷

 美容関連の商品で有名になったヒアルロン酸。医療用の治療薬としても使われていることをご存じでしょうか。どのような成分なのか、知っているようで実際はよくわからないという人も多いのでは。ヒアルロン酸の基本情報をまとめてみました。

アミノ酸と糖が重合 皮膚や関節、目にも存在

 ヒアルロン酸はヒトの体のなかにたくさん存在する物質で、主に皮膚細胞や関節の軟骨、関節液や目の中などに存在しています。

 ヒアルロン酸の正体は、アミノ酸と糖が重合したムコ多糖類の一種。ムコとは粘液性のある成分のことで、その粘りのある性質が細胞と細胞をつなぎ、保水や弾力を与える働きをしています。

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1211文字)