今回は認知症と診断された後の対処法について取り上げます。日本神経学会などが作成した「認知症疾患診療ガイドライン2017」は、「治療」の章の冒頭で「認知症者と家族の生活の質を高めるには、認知症と診断された早い段階から認知症を有しつつ生活する方法を伝え、社会資源へのつながりを促し、将来計画を考えるための診断後支援が必要となる」と診断後支援の必要性について触れています。つまり、認知症と診断された場合、診断されたらそれで終わりというわけではなく、症状があってもうまく生活する方法を本人、家族、医療介護従事者など皆で考えるのが重要という趣旨だと思われます。

 さまざまな認知症がありますが、全て脳の病気であり、脳の機能が低下するという点は同じです。ゆえに、どの認知症であっても対処法には共通する基本があります。まず基本を押さえたうえで、さまざまな困りごとについてどう対応すればよいかを考えるようにすれば、自然と対応に迷わなくなります。

この記事は有料記事です。

残り4973文字(全文5387文字)

小田陽彦

ひょうごこころの医療センター認知症疾患医療センター長

おだ・はるひこ 1977年、兵庫県西宮市出身。兵庫県立ひょうごこころの医療センター精神科医師。神戸大学医学部卒。医学博士。神戸大学医学部精神科助教、兵庫県立姫路循環器病センター等を経て2017年4月より現職。日本精神神経学会専門医・指導医。日本老年精神医学会専門医・指導医・評議員。著書に「科学的認知症診療」(シーニュ社、2018)