医療・健康Tips

病気ではないと言われても信じられない 「心気症」

  • 文字
  • 印刷

 心気症は、身体のささいな不調から「自分は重い病気にかかっている」と思い込み、強すぎる不安や恐怖によって日常生活の適応に支障をきたす病気です。本人の思い込みにより、なかなか適切な治療につなげられないケースも。どのような病気か、具体的な事例とともに紹介します。

「病気にかかっている」と思い込む

 心気症(病気不安症)は、心身のささいな不調に対して強い不安を抱き、「自分は何か重い病気にかかっているのではないか」と思い込んでしまう心の病気です。実際にどこかが悪いわけではなく、医療機関を受診しても「病気ではない」と診断されます。

 しかし、本人は診断を受け入れることができず、ほかの医療機関へ受診を繰り返すことも珍しくありません。インターネットで自分の症状と似たような例を検索し続け、具体的な病気と関連づけられる情報を見つけては、さらに思い込みを強くしていく場合もあります。

この記事は有料記事です。

残り2656文字(全文3041文字)