ヘルスデーニュース

菜食主義の人は骨折のリスクが高い

  • 文字
  • 印刷

 肉や魚、乳製品を食べない「ビーガン」と呼ばれる人たちは、骨折リスクが4割以上高いことが英国の研究で判明した。また、魚は食べるが肉は食べない「ペスクタリアン」や、肉と魚を食べないが乳製品や卵は食べる「ベジタリアン」も、大腿骨近位部の骨折リスクが高いという。英オックスフォード大学のTammy Tong氏らの研究によるもので、詳細は「BMC Medicine」に11月23日掲載された。

この記事は有料記事です。

残り1628文字(全文1820文字)