医療・健康Tips

突然の血便や発熱を伴う腹痛 大腸憩室症とは

  • 文字
  • 印刷

 大腸の腸壁の一部が外側に飛び出してできる大腸憩室は、中高年世代では約5人に1人の割合でみられます。大腸憩室があると出血や腹痛・発熱を症状とする大腸憩室症を招く可能性があり、重症例では緊急手術が必要になることも。意外と身近な病気といえる大腸憩室症は、どのように予防・治療すればいいのでしょうか。

日本医科大学付属病院 内視鏡センター長、貝瀬満先生にお話を伺いました。

この記事は有料記事です。

残り4028文字(全文4210文字)