実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ ワクチン接種には医師も慎重

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 新型コロナウイルスはワクチンができたからもう安心。今年の後半には元の世界に戻ることができる、という意見を一般市民のみならず知識人からも聞きます。また感染しても、承認済みの薬「レムデシビル」や、現場で使われてきた「アビガン」だけでなく、複数のいい薬が登場間近だから安心、という声もあります。これらは本当でしょうか。まずはワクチンからみていきましょう。

 新型コロナウイルスのワクチンについては、懸念の声が大きく聞こえてきます。しかも非常に興味深いことに、一般の人ばかりではなく、医療者も慎重になっているのです。これはどういうことなのでしょうか。

万人が支持するワクチンはないが

 まず、どのようなワクチンでも、万人から支持されることはありません。それどころか、どう考えても言っていることがおかしいでしょ、という「おかしな理屈」でさえ、多数の人が信じてしまい接種を嫌がるのがワクチンです。例えば過去のコラム「麻疹感染者を増加させた『捏造論文』の罪」で紹介したイギリスの元医師ウェイクフィールド氏は、論文に不正があることが発覚し、その論文が医学誌から拒否され、医師免許剥奪までされたのにもかかわらず今も世界中で支持されています。それどころかウェイクフィールド氏が監督した、ワクチンを悪者にした映画までが製作され、いくつかの国ではそれなりにヒットしました。ちなみに、日本では公開直前に上映が中止となりました。

 このようにどのワクチンにも必ず「反対派」が現れるのですが、新型コロナのワクチンのように、医療者が慎重になっているのはとても珍しい現象です。ほぼすべてのワクチンでは、反対派が占める割合が、医療者では少なく非医療者で多くなります。非医療者のなかには「すべてのワクチンを打たない」という人がいますが、そのような医療者は皆無です。医学部では入学と同時にB型肝炎ウイルスのワクチンを接種しますし、麻疹(はしか)や風疹なども(過去に感染していなければ)ワクチン接種が義務付けられます。インフルエンザに感染したことを隠し、退学を余儀なくされた看護学生の話は以前のコラム「インフルのワクチンは『弱者を守るため』に打つ」で紹介しました。

 ここ数年で、日本で最も問題になっているワクチンは、子宮頸(けい)がんなどの予防のためのHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンでしょう。このワクチンの接種に関し、厚生労働省はいまだに「積極的勧奨の差し控え」というよくわからない表現をとったままです。このワクチンを打ちたくないという人は今も大勢いますが、医療者ではさほど多くありません。特に、(これは私の知る限りですが)若い女性の産婦人科医はほとんどが接種しています。若い女性看護師はどうかというと、医師よりは接種率は下がりますが、一般の人たちよりはかなり高率です。一般に、ワクチン接種率は医療者の方が非医療者よりも高いのです。

「早期に打ちたい」医師は3人に1人

 ですが、こと新型コロナウイルスのワクチンに関しては、医療者もかなり慎重です。

 医師向けの雑誌「日経メディカル」は2020年11月20日から12月2日までインターネットを使ってアンケートを行いました。回答…

この記事は有料記事です。

残り2437文字(全文3753文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト 無料メルマガ<谷口恭の「その質問にホンネで答えます」>を配信中。