賢い患者

医療の「主人公」患者が医師に聞きたい10カ条

山口育子・認定NPO法人「ささえあい医療人権センターCOML」理事長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 今回は、この連載のタイトルにもなっている「賢い患者」の話をします。私たち「ささえあい医療人権センターCOML(コムル)」は、患者の自立と主体的医療参加を目指す認定NPO法人です。患者が自分の望む医療を選択して治療を受けることを目指し、設立当初から「賢い患者になりましょう」を合言葉にしてきました。賢い患者とは、「知識をいっぱい詰め込んだ頭でっかちの患者」ではなく、自立的な患者を目指す意識を持った人のことです。

この記事は有料記事です。

残り4761文字(全文4967文字)

山口育子

認定NPO法人「ささえあい医療人権センターCOML」理事長

やまぐち・いくこ 1965年、大阪市出身。89年大阪教育大卒業。92年秋から「ささえあい医療人権センターCOML(コムル)」のスタッフとして、患者からの医療に関する電話相談を受け、COMLの活動全般の運営に携わってきた。2002年から同専務理事兼事務局長、11年から理事長。著書に「賢い患者」(岩波書店、2018)