知ってほしい「認知症の大事な話」

妄想や興奮には「安心させて」「薬をチェック」

小田陽彦・ひょうごこころの医療センター認知症疾患医療センター長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 前回述べた通り、今回は「妄想」と「興奮」について述べます。いずれも認知症に伴う行動・心理症状(behavioral and psychological symptoms of dementia: BPSD)の一種です。認知症患者にこの症状が出現すると周囲の人が困ることが多いのですが、やり方次第で軽減できたり、周囲がうまく対応できたりします。今回はその方法についてお話ししたいと思います。

この記事は有料記事です。

残り4545文字(全文4740文字)

小田陽彦

ひょうごこころの医療センター認知症疾患医療センター長

おだ・はるひこ 1977年、兵庫県西宮市出身。兵庫県立ひょうごこころの医療センター精神科医師。神戸大学医学部卒。医学博士。神戸大学医学部精神科助教、兵庫県立姫路循環器病センター等を経て2017年4月より現職。日本精神神経学会専門医・指導医。日本老年精神医学会専門医・指導医・評議員。著書に「科学的認知症診療」(シーニュ社、2018)