ヘルスデーニュース

新型コロナ ワクチン接種後も「3密」はダメ?

  • 文字
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンの接種が一部の国で開始され、日本国内でも今春の接種開始が見込まれている。1年にわたり、外出自粛やマスク着用などの物理的な手段に限られていた感染予防対策だが、ようやく医学的な手段でウイルスに対抗できることになる。感染後の重症化リスクの高い基礎疾患のある人は、優先的にワクチン接種を受けられる可能性があり、糖尿病患者の期待も大きい。

 ワクチン接種さえ受ければ以前の日常を取り戻せると、期待を膨らませている人もいるだろう。しかし、感染症の専門家は、既に供給が開始されているファイザー社やモデルナ社のワクチン、あるいは現在開発中のワクチンのいずれでも「接種したからといって感染予防策が不要になるわけではなく、引き続きマスクを着用し、社会的距離を維持する必要がある」と警告している。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1534文字)