ヘルスデーニュース

病名「認知症」に高支持 略称「認知」は嫌う声

  • 文字
  • 印刷

 現在「認知症」と呼ばれる状態は以前、社会的にも医学的にも「痴呆」と呼ばれていた。しかし「痴呆」には侮蔑的な含意があることから、2004年に厚生労働省などの主導によって「認知症」に変更され現在に至っている。筑波大学人間系の山中克夫氏らは、この変更により認知症本人の家族の不快感が減ったか否かをアンケート調査により検証、その結果が「Brain and Behavior」に12月21日掲載された。

この記事は有料記事です。

残り1754文字(全文1951文字)