医療・健康Tips

「自律神経失調症」正しく知り治療しよう

  • 文字
  • 印刷

 いろいろな不調があっても原因となる疾患が見つからないときは、自律神経失調症かもしれません。病名を耳にしたことはあるでしょう。誰にでも起こり得るこの病気について基本的な情報をお伝えします。

相反する作用の神経がバランスを取りながら働く

 だるい、動悸やめまいがする、手足が冷える、頭痛がよく起こる、吐き気がしたり胃腸の調子が悪いなど、時おり不快な症状があるのに検査をしてもこれといった原因が特定できない場合、「自律神経失調症」かもしれません。

 自律神経は生命維持に不可欠な、心拍や血圧の調整、体温や発汗の調節、消化液やホルモンの分泌、脳の活動など、多くの役割を担っています。交感神経と副交感神経という相反する作用をもつ神経が、状況に応じてバランスを取りながら働いています。

この記事は有料記事です。

残り1462文字(全文1796文字)