医療・健康Tips

滅菌、殺菌、除菌、抗菌 その違いとは?

  • 文字
  • 印刷

 せっけんやスプレー剤などだけでなく、家電製品や日用品でも広く見かけるようになった滅菌、殺菌、除菌、抗菌などの言葉。その意味や違いについてはあまり意識していない人が多いと思います。効果的な使い分けの方法や、そもそも違いはあるのでしょうか?

「滅菌」は微生物の生存確率100万分の1以下

まず、「滅菌(めっきん)」とは菌を全滅させた状態のことで、細菌や微生物、ウイルスなどを死滅させた状態のことをいいます。日本薬局方では滅菌の定義として、微生物の生存確率が100万分の1以下になることとしています。

 滅菌は、菌に対する最上級の厳しさで、病原性のあるなしにかかわらず微生物を殺した状態です。滅菌ガーゼや滅菌処理された医療器具など、主に医療現場で使われています。

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1420文字)