ヘルスデーニュース

猫との暮らしが障害のある子の心をいやす?

  • 文字
  • 印刷

 猫を自宅に引き取って家族の一員とすることで、自閉症スペクトラム障害(ASD)の子どもの分離不安を軽減し、共感性を改善できる可能性のあることが、小規模研究で示された。米ミズーリ大学Research Center for Human-Animal InteractionのGretchen Carlisle氏らによるこの研究は、「Journal of Pediatric Nursing」に2020年12月6日掲載された。

 ASDは脳機能障害で、社会的スキル、コミュニケーション能力、衝動制御などに問題があること特徴とする。米疾病対策センター(CDC)によると、米国では54人に1人がASDと診断されているという

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1635文字)