医療・健康Tips

子どもの難病の1つ 若年性皮膚筋炎

  • 文字
  • 印刷

 皮膚と筋肉が侵される「若年性皮膚筋炎」は、毎年10万人に4人ほどの割合で発症するという指定難病の1つです。子どもの場合、筋肉や皮膚に特徴のある症状があらわれて気づくことが多いといいます。いったいどんな病気なのでしょうか。

多くは皮膚症状が先行して現れる

 皮膚筋炎は、小さな子どもも青少年も、大人になってからも発症します。発症時期は15歳以下が3%、60歳以上25%で、中年発症が最も多いようです。子どもの発症は少ないですが、症状や予後が大人と異なるため、16歳未満の発症を「若年性皮膚筋炎」と呼んでいます。若年性の好発年齢は5~14歳です。

 若年性皮膚筋炎は、皮膚と筋肉の小さな血管に炎症が起きて、筋力が低下し筋肉が痛み、まぶたやひじ・ひざなど関節に特徴的な皮疹が出るという珍しい病気です。多くは筋症状より皮膚症状が先行してあらわれますが、まれに皮膚症状だけの場合もあります。

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1579文字)