ヘルスデーニュース フォロー

満月が近づくと寝つきが30分遅れる?

 月の満ち欠けの周期に同調するかのように、人々の睡眠時間が変動していることを示すデータが報告された。満月か新月かを問わず常に夜の明るい都会に住む学生でも、月の満ち欠けと睡眠時間の間に関連が見られるという。米ワシントン大(ワシントン州シアトル)教授のHoracio de la Iglesia氏らの研究によるもので、詳細は「Science Advances」に1月27日に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1571文字)