ヘルスデーニュース

みそ汁をよく飲む糖尿病女性は筋肉が減りにくい?

  • 文字
  • 印刷

 糖尿病患者はサルコペニア(加齢性筋肉減少症)の頻度が高いことが知られているが、みその摂取量の多い患者は、そうでない患者よりも、その有病率が低いというデータが報告された。ただしこの関連は女性のみで認められ、また女性でもタバコを吸う患者では有意でないという。京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科の橋本善隆病院助教、福井道明教授らの研究で、詳細は「Nutrients」に12月28日に掲載された。

 人口の高齢化とともに、サルコペニアを併発している糖尿病患者が増加している。サルコペニアとは、加齢や疾患により筋肉量や筋力が低下して、転倒や骨折などのリスクが高くなった状態のこと。糖尿病患者でのサルコペニア発症には、インスリン抵抗性や酸化ストレスの高進などの関与が考えられている。一方、大豆食品、とりわけ発酵性大豆食品であるみそには、インスリン感受性や抗酸化作用を高める働きがあることが報告されている…

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文2117文字)