ヘルスデーニュース

心筋梗塞などから回復後は緑茶を飲むと長生き?

  • 文字
  • 印刷

 脳卒中や心筋梗塞(こうそく)で一命を取りとめたら、緑茶を摂取すると良いかもしれない――。緑茶やコーヒーの摂取量と死亡リスクとの関連を調べた、大阪大学大学院医学系研究科社会医学講座公衆衛生学の磯博康氏らの研究結果が、「Stroke」に2月4日掲載された。

心筋梗塞と脳卒中の経験者1700人を調査

 この研究は、がんリスク評価のための共同コホート研究(JACC研究)のデータを用いて行われた。1988~90年に参加登録された40~79歳の4万6213人を18.5年(中央値)追跡。登録時に、脳卒中の経験者478人、心筋梗塞の経験者1214人が含まれており、4万4521人は脳卒中や心筋梗塞の経験がなかった。追跡期間中に9253人が死亡した。

 死亡リスクに影響を及ぼす可能性のある交絡因子(年齢、性別、BMI、喫煙・飲酒・運動習慣、高血圧・糖尿病の既往、教育歴、雇用形態、精神的ストレス、野菜・魚・果物・大豆の摂取量)を調整後、緑茶またはコーヒーの摂取量と全死亡リスクの関連を解析した。なお交絡因子として、緑茶摂取量との関連の解析にはコーヒー摂取量を、コーヒー摂取量との関連の解析には緑茶摂取量を加えた。

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1928文字)