医療・健康Tips

打撲後にしこり、こぶができた!?

  • 文字
  • 印刷

 打撲でできた青あざ(内出血)。いずれ消えると思っていたのに、いつの間にかしこりやこぶができて、なかなか治らないこともあります。このしこりやこぶは放っておいていいのでしょうか。治療法はあるのでしょうか。

重症になると関節の機能が戻らないことも

 体を何かに打ちつけて起こる打撲。外力によって皮膚や粘膜、皮下脂肪や筋肉などが損傷を受けることで内出血(皮下出血)を起こし、あざができ、腫れを伴うこともあります。

 打撲による症状自体は軽度であれば数週間で軽減されます。内部で起きた炎症も治まり、腫れや痛みも徐々に引いてきます。内出血も周囲の組織に吸収され、あざも薄くなっていくのが一般的です。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1354文字)