ヘルスデーニュース

野菜ジュースは作り方で栄養価が変わる

  • 文字
  • 印刷

 健康志向の高い人に人気の自家製野菜ジュース。ただ、作り方によって野菜ジュースの栄養価が変わることをご存知だろうか? ミキサーやジューサーなどを使った異なる3通りの作り方で比較した結果、野菜ジュースの抗酸化物質や植物性化合物の濃度に差が認められたというデータが報告された。米テキサスA&M大学のBhimanagouda Patil氏らの研究によるもので、「ACS Food Science & Technology」に12月18日に掲載された。

 自家製野菜ジュース作りのための調理器具にはいくつかあり、それぞれ特徴がある。ミキサーは野菜を回転ブレードで粉砕し、作られたジュースは食物繊維が豊富で濃厚だ。それに対して高速遠心分離式ジューサーは、野菜を素早く粉砕して食物繊維を分離する器具で、薄めのジュースができあがる。一方、低速ジューサーは回転が低速なために、これらの方法の中で最も熱の発生が少ないことが特徴だ。ジュースを作る時に発生する熱は、生…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1528文字)