ヘルスデーニュース

昼寝の習慣を左右する「123種類の遺伝子」

  • 文字
  • 印刷

 昼寝をよくする人は、遺伝子からその理由の一部を説明できるかもしれない。米ハーバード大学医学部のIyas Daghlas氏らが実施した研究により、昼寝に関与する123カ所の遺伝子座が特定された。研究結果の詳細は、「Nature Communications」に2月10日に掲載された。

45万人あまりの遺伝子データを分析

 今回の研究では、英国の長期大規模バイオバンク研究である「UKバイオバンク」の参加者45万2633人の遺伝情報を利用した。一方で参加者に、昼寝を「(ほとんど)しない」か「時々する」か「いつもする」かを聞き、この回答結果と遺伝情報の関係を調べた。解析には「全ゲノム関連解析」(GWAS)と呼ばれる手法を用いた。また参加者の一部(10万3711人)には、「アクチグラフィー」(加速度などを測って体の動きを知る装置)と呼ばれる時計型のデバイスを最長7日間装着してもらい、昼寝の指標となる日中の非活動のデータを取得した。

 その結果、昼寝に関連する123カ所の遺伝子座が特定された。

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1552文字)