医療・健康Tips

早期がんの検査に PET検査で何がわかる?

  • 文字
  • 印刷

 がんの早期発見のための検査として知られるようになったPET(通称:ペット)検査。人間ドックなどで受けたことがある人もいるでしょう。このPET検査の特徴としくみ、何がどうわかるのかについて、わかりやすく解説します。

点滴で投与した薬剤の分布を画像化

 PETとは「ポジトロン・エミッション・トモグラフィ」の略称で、「陽電子放射断層撮影」という意味。こう聞いてもピンときませんが、点滴で検査薬を体内に投与し、全身に行きわたった薬剤の分布を画像化することで、がんのほか、てんかんや心臓病、血管炎などの診断に用いられる検査です。

 がんの検査としては、正常な細胞とがん細胞でブドウ糖を取り込む量に違いがあり、がん細胞は正常な細胞の3~8倍のブドウ糖を取り込むという細胞の性質を利用します。FDGというブドウ糖と似た成分を含んだ放射性の薬剤を投与して、薬剤の集まる部位を調べることでがん細胞を見つけます。

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1558文字)