医療・健康Tips

たんの診療ガイドライン 診療方針の判断材料に

  • 文字
  • 印刷

 日本呼吸器学会による「咳嗽(がいそう)・喀痰(かくたん)の診療ガイドライン2019」が2019年4月に発行されました。喀痰の診療指針がガイドラインとしてまとめられたのは世界で初めて。身近な症状であるたんのガイドラインを作成することで、患者の生活の質(QOL)の向上に役立てるのが目的だといいます。

呼吸器に障害が起きているサイン

 気道は分泌液によって、常に濡れた状態になっています。細菌やウイルス、異物が侵入すると分泌液の量が増え、侵入した異物を分泌液でからめとって、粘膜にある線毛の働きを受けて、せきとともに体外に排出しようとします。これが「たん(喀痰)」です。多くはせき(咳嗽)によって出され、主成分は糖たんぱく、免疫グロブリン、脂質などで、細菌やウイルス、ほこりなどを含んでいます。

 たんが出るのは、呼吸器に炎症などの何らかの障害が起きているサインです。かぜやインフルエンザ、肺結核などの呼吸器の感染症にかかったときや、肺炎、気管支炎、肺がんなどの呼吸器の病気にかかったとき、花粉症やぜんそくなどのアレルギー疾患や副鼻腔炎など鼻の病気にかかったとき、そしてイメージしにくいのですが、甲状腺の病気でもたんがからむことがあります。

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1365文字)