あなたのおくすり手帳

感染も手荒れもしっかり防ぐ手洗いの方法

高垣育・薬剤師ライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 新型コロナウイルス感染予防のための手洗いや消毒が、すっかり毎日の暮らしに溶け込んできました。よいことなのですが、一方でひんぱんな手洗いのためか、患者さんから時々「手が荒れる」という相談を受けるようになりました。「こんなにカサカサになっちゃったの」と白く粉がふいたように荒れた手のひらを見せながら訴える患者さんもいらっしゃいます。手が荒れると、痛んだりしみたりすることがあります。すると手洗いや消毒を控えてしまいがちです。手を守りながら、手洗い・消毒をするにはどうすればよいのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2538文字(全文2782文字)

高垣育

薬剤師ライター

たかがき・いく 1978年福岡県生まれ。2001年薬剤師免許を取得。調剤薬局、医療専門広告代理店などの勤務を経て、12年にフリーランスライターとして独立。毎週100人ほどの患者と対話する薬剤師とライターのパラレルキャリアを続けている。15年に愛犬のゴールデンレトリバーの介護体験をもとに書いた実用書「犬の介護に役立つ本」(山と渓谷社)を出版。人だけではなく動物の医療、介護、健康に関わる取材・ライティングも行い、さまざまな媒体に寄稿している。17年には国際中医専門員(国際中医師)の認定を受け、漢方への造詣も深い。